風俗に行くのも呼ぶのも抵抗あるなら京都のホテヘルへ

サイトマップ

女性

風俗情報サイトの移り変り

たまにデリヘルを利用しますが今は情報サイトが充実していてとても助かりますね。
全国津々浦々ほとんどの地域の情報が網羅されていますし、急な出張になってもスマホでサクサクすればアッと言う間にお店が見つかります。
以前はあまり信憑性がなかったデリヘル嬢達の情報も、ここまでホムペに気を使うお店が増えてくれると電話で事細かく聞き出す必要も随分省けてきました。
いいお店じゃないとすぐ淘汰される時代ですし、ごまかすにしてもあまりに現実離れした情報は載せられないというのがお店の本音なのかもしれませんね。
つい最近まで仲の良い友達が風俗店の受付をやっていましたが、そういったスタッフは結構普通に生真面目な人が多いみたいです。
うっかりしていい加減なデータを載せてしまうとそのクレーム対応に追われるのがたいへんだと言ってましたが、友達が働いていたお店はオーナーの方針で容姿に関する情報はできるだけ正確なものを提供していたようです。
どうせ顔出しはしないのが普通ですから、せめてスリーサイズぐらいはごまかすなよと言う客にとっては有り難い方針です。
遡れば昔は良くてもイメージ写真止まり、もちろんネットなんかが役に立たない時代のことですが、夕刊紙に掲載された広告欄、勝負は三行広告の文字の中にありました。
今とは随分かけ離れた時代ですが、あれはあれで想像が膨らんで楽しかったものです。
たったの三行、中には怪しい誘いの言葉や意味深なニュアンスの文字が。
でもあの時代の方が実はそそられて風俗に行く頻度は多かったかもしれませんね。
今程の情報量が無い分相手もごまかしが利いた時代でもあり、当たり外れの差が当然ありました。
でもそれがスリルを伴って余計に興奮したのかなあと思うのです。
では今またそれがいいかと言われれば、さすがに今風のサイトの方が良いですけど。

post list